Skip to content

マンションを買う方向に決まりました

Posted in 耐震, and 賃貸

住まいの規模や

私も以前は、普段使っているものが少しでも安いと買いだめをしていました。「どうせあとで使うから、安いときに買っておいた方がいい」とか理由をつけていました。しかし、それは長い目でみると危険な行動です。例えば、Aというボールペンを買うときに、よく使うものだからといって3本まとめて買ったとします。しかし、そのあと偶然にBというボールペンの使い心地が非常に良いことを知ってしまったとしたら、どうでしよう。

家を望むかどうか·

Aを使っている間ずっと、Bのほうが良かったな」と思ってしまい、ストレスが溜まります。途中でBを買ってしまったら、もう二度とAを使うことはないでしょう。これには、さらに問題が重なります。ボールペンAを1本も使い切らない場合、そのお金が無駄になるだけでなく、さらにBを買う費用がかかります。さらにAを保管しておく場所、Aを見るたびに「使わなくなったな」と思うストレス、Aを捨てるときに「使わないまま捨ててしまった」と悔やむことなどです。

 

住宅をトータル·プロデュースさせていただきました

それ以前は、持ち家なんて夢のまた夢で、せいぜい公団アパート、都営住宅、そういうものに入れれば幸せだと思っていただから、会社が倒産しても、借家に住んでいれば別に困らない。もっと安い家に住み替えすりゃ済むというだけのことだった。けれど、持ち家制度の変な幸福幻想のようなものを、やたらとジャーナリズムがふりまくようになってからどんどんおかしなことになってしまった。なかでも、とくに、ジャーナリズムの家庭幻想に踊らされているのは、必要以上の思い入れを込めている「妻」たちです。持ち家という「家庭の容れ物」テレビのコマーシャルで見る住宅企業の広告というのは、必ず広々とした庭があり、外車の二台も置けるようなガレージがあり、煉瓦を敷きつめたエントランスポーチがあり、そして、そこに美しくガーデニングされたフロントヤードがあって、そこで水をまいているお父さんや、赤いフォルクスワーゲンに乗って、いっぱ買い物をして帰ってきたお母さんや、テニスの格好をしている娘がいるとね、そんな「幸福の形」を、きれいな絵にしてどしどし発信しているけれど、実はあんな家庭はどこにもありません。
部屋に-オットマンは欧米のホテルでよく見かけ

マンションの人気が高いが一方

もちろん幻想、作られた幻想にすぎないわけです。けれども、そういうものを見て、これが人生の幸福だと思ってしまうのが大きな問題です。しかも、奥さんが専業主婦だったりすると、自分の家の中が人生のすべてになるからか、その「家という器」に対して、男よりもずっと強い思い入れを投影してしまいがちです。私はそういう「家1人生」という感じになってしまっている奥さんたちを、何人も知っています。そしてそれは、危うい幸福だと思わざるを得ないその幸福のイメージには、じっさい、本当にいくつもの危ういファクターがある夫の会社が潰れる、それから、夫が他の女のところへ行ってしすべてが御破算になってしまうことが避けらたとえば、リストラで定年前にクビになる、こういうことのどれか一つでも起れば、まう、夫が病気になる、れない。

家じゅうに大量に張りめぐらすものなので

その弱点を克服すべく、グラスウールでしっかりと気密施工をしている工務店が多く存在します。グラスウールは通常、防湿気密シートの袋入りのものを壁内に充填する方法をとります。が、この場合はグラスウールを壁に充填した後に防湿気密工事を行います。そのため、経験の豊富な工務店は気密の精度を高めやすいんです。スが有名です。この工法は、ハウスメーカーではスウェーデンハウ·2·一条工務店C値64cm2/m2。

マンションと比較してみましょう

一条工務店は、ハウスメーカーの中でも断熱気密性能がずば抜けています。全棟気密測定を行っているのも素晴らしいです。ね·3·新築マンション新築マンションの気密性は、c値1。0程度と言われています。15センチ以上のコンクリートの壁で囲まれているわけです。から気密性は高いです。高気密高断熱住宅が目指す気密性。